3次元で確認できるCT撮影機 | 大阪府吹田市佐井寺の歯科診療所(歯医者)かとう歯科
3次元で確認できるCT撮影機 3次元で確認できるCT撮影機 3次元で確認できるCT撮影機
3次元で確認できるCT撮影機

例えば、深いところに埋まっている親知らずを抜かなければならない場合、 その親知らずの近くに神経が通っている場合がよくあります。
深いところにある親知らずですから、抜こうとするときに力も相当かけなければ抜けませんが、 近くに神経があると、その部分に力がかかって神経が損傷するようなリスクがある場合もあるのです。
従来のX線検査では2次元でしかわからないですから、重なって写っていたりして神経との位置関係が判らないという場合がよくあるのです。
そんな場合にCTがあると、位置関係がより正確に把握できて、そのリスクがより正確に判断でき、リスクの状況に合わせて、より正確に処置ができます。

3次元で確認できるCT撮影機
3次元で確認できるCT撮影機

インプラントとは、人工的な歯根を骨に埋め込む処置です。
骨の中に埋め込まないといけませんから、骨の形態を正確に把握することが正確な処置につながります。
これを2次元のX線写真で検査すると、埋め込む深さは確認できますが、幅は確認できない方向が出てくるのです。
そこでCTで確認できると、幅もしっかり確認できますから、より正確に処置ができるようになるのです。

3次元で確認できるCT撮影機

3次元で確認できるCT撮影機
Pagetop